初心者は苗から育てよう

トマト

トマトを育てることを考えている方の中には、種から育てたいと考える方もいるかもしれません。ですが初心者が育てる場合、種から育てるのはハードルが高くなってしまうので注意が必要です。そのためある程度育った状態の苗を購入したうえで、育てていくようにしましょう。そして育て方を考える前に、苗を購入する点にも気をつけましょう。早く育てたいと考えた場合、少しでも早く購入して育て始めたいと考える方も見られます。お店では3月ごろから販売自体は開始しているものの、3月や4月は寒い日があって寒さで育てるのに失敗してしまうこともあるので、ある程度温かくなったゴールデンウィーク過ぎに購入すると失敗するリスクを減らせます。また育てやすいものを選ぶために、萎えの状態もチェックしましょう。

そのまま食べられるのが人気の理由

家庭菜園などでトマトが選ばれやすい理由の1つが、完成したら生のまま食べられるという点です。育て方が良ければたくさん収穫できるので、長く楽しめるという点や生で食べるだけではなく、色々な料理にアレンジして利用できるという点も人気を集めています。収穫を楽しむためには、そこまでの育て方にも注意が必要です。トマトは実がつく前の肥料が多いと葉や茎に養分が偏るので、実がつくまでは肥料のやりすぎに注意しましょう。

世話の仕方次第で結果が変わる

家庭菜園として人気が高いトマトですが、育て方にはいくつかの注意点が存在しています。トマトの育て方として、水やりをあまりしないと甘くなるという話を聞いたことがある方もいるかもしれません。しかし水が極端に少ないと必要な栄養分を吸収できないので、土が乾いたときにはしっかりと水を与えることが大切です。また余分な枝は伸ばさず、整枝していくことが、風通しや日当たりを良くして美味しいトマトを作っていくためのコツです。